運営会社|国内最大級キャバクラ・クラブ紹介サイト Night Life(ナイトライフ)|全国のアルバイト・体入情報をご紹介

有料職業紹介事業許認可済

ブログ

「キャバクラ」と「クラブ」の違いとは?何が違うのか

皆さんは「キャバクラ」と「クラブ」の違いをご存知でしょうか?

どちらもナイトワークであることに変わりはないのですが、キャバクラとクラブではお店の給料システムや給料面、接客などが全く違います。

今回は「キャバクラ」と「クラブ」の違いにスポットを当てて徹底的に解説していきます。ナイトワークを検討中の方はもちろん、キャバクラとクラブのどちらで働こうかと悩んでいる方も参考にしていただけたらと思います。

「キャバクラ」と「クラブ」の接客の違いとは?

キャバクラとクラブでは、接客スタイルが大きく異なります。まずは、キャバクラとクラブの接客の特徴や違いについて解説していきます。

キャバクラの接客

キャバクラは、マンツーマン接客が基本です。そのため、会話力を求められる場面も非常に多いです。

また、新規のお客様が多く来店するのもキャバクラの特徴です。新規のお客様や、「フリー」と呼ばれる「指名する女の子がまだ決まっていないお客様」を接客するときは基本的に3人のキャバ嬢が順番に接客していきます。

この時にお客様に気にいってもらえると「場内指名」がいただけることもあります。場内指名が入った場合は、他のキャバ嬢と交代すること無く、最後までそのお客様の接客をします。

場内指名をいただけると、本指名としてリピートしていただける確率も上がります。指名のお客様を増やすためにも、キャバ嬢にとって「新規」や「フリー」のお客様はとても大切な存在です。

クラブの接客

キャバクラに対してクラブでは、1人のお客様に対して複数人で接客をするのが基本です。そのため「キャバクラは個人戦・クラブはチーム戦」という表現をするぐらい、クラブでは女の子同士でのチームワークが非常に重要になります。

そして、クラブの大きな特徴が「紹介制」ということです。完全新規のお客様は入店できないお店が多く、例え新規のお客様が来店されても、ママや常連のお客様の知り合いである事がほとんどです。

またクラブでは「口座」という制度が用いられています。「口座」とはお客様の担当ホステスのことで、例えばママのお客様の紹介で来店した新規のお客様の場合、担当ホステス=口座はママになります。

キャバクラでは、新規やフリーのお客様に自分が接客・営業をして、自分指名で来店してもらわなければなりませんが、クラブは違います。

未経験でクラブに入店した場合、もしくは自分のお客様を持っていない状態で入店した場合、「口座を持っているホステスの『ヘルプ』として接客をする事が仕事」になります。ほとんどのクラブでは「永久指名」の制度が用いられています。

「キャバクラ」と「クラブ」の女の子の違いとは?

同じナイトワークでも、キャバクラとクラブではお客様から求められている女の子の雰囲気が違います。ここからは、キャバクラとクラブで働く女の子の違いについて解説していきます!

キャバクラの女の子

キャバクラで働く女の子は「キャバ嬢」と呼び18歳〜20代半ばの女の子が多く、来店されるお客様の年齢層が幅広いため、キャバ嬢の系統もバラバラです。

お客様を盛り上げることが得意なキャバ嬢もいれば、落ち着いた雰囲気のキャバ嬢もいます。

クラブの女の子

クラブで働く女性のことは「ホステス」と呼び、20代半ば〜30代の女性が多く活躍しています。キャバ嬢からホステスになることも非常に多くあります。

また、キャバクラよりも料金設定の高いクラブは来店されるお客様の年齢層も高めです。ワイワイ系の接客よりも、ゆったりとした接客を求めるお客様が多いため、落ち着いた雰囲気の女性が多く在籍します。

「キャバクラ」と「クラブ」のお給料システムの違いとは?

ナイトワークをするにあたって1番気になるのが、お給料ではないでしょうか?

実は、キャバクラとクラブではお給料のシステムも大きく異なります。では、ここからキャバクラとクラブのお給料システムの違いについて見ていきます。

キャバクラのお給料

キャバクラのお給料システムは主にこちらの3つに分類されます。

  • 給率制
  • 売上スライド制
  • ポイントスライド制

ここでは、売上スライド制とポイントスライド制について解説していきます。

スライド制

売り上げスライド制とは、本指名売上の合計金額によって時給が変動するシステムのことです。

ポイントスライド制は、売上スライド制と良く似ていて、

  • 本指名
  • 場内指名
  • 同伴

などの本数をポイントに換算して、合計ポイントによって時給が変動するシステムです。

どちらのシステムも本指名売上が高く、指名を獲得する程に時給が上がっていくシステムになります。キャバクラでは、時給に加えて歩合給となるバックがもらえます。

バック

バックとは「同伴バック」「フードバック」「ボトルバック」「ドリンクバック」などがあり、ドリンクを頼んだり同伴をすることで、時給とは別に歩合給として稼げるシステムのことです。

「自分の努力次第で給料をどんどん上げることが出来る」というのがキャバクラの1番の特徴になります。

また、お店によってお給料システムに違いがあるため、体験に入るときに説明されるお給料システムを注意して確認することが必要です。

クラブのお給料

クラブは口座ホステスとヘルプホステスでお給料システムが違うのが特徴的です。

口座ホステスの場合、給料システムは完全歩合制です。小計のうち約50%前後をお給料としてもらえます。売上が上がるほどお給料は増えますが、売上が下がるとその分お給料が下がってしまうので注意が必要です。

一方、ヘルプホステスとして働いている女の子は日当制で働くことになります。ミニクラブであれば未経験であっても20,000円〜、高級クラブであれば未経験であっても30,000円〜ほどの日当がもらえるお店がほとんどです。

そして、ヘルプホステスはあくまで口座ホステスのお手伝いが仕事です。キャバ嬢や口座ホステスと違って、指名本数や売上によってお給料に関わらないため、成績によってお給料が変動することがありません。

この点に関しては、未経験の女の子・お客様を持っていない女の子にとって安心できるポイントかと思います。

ヘルプホステスの場合、日給以上の給料を稼ぐことが出来ない訳ではなく、クラブにもバックシステムが存在しています。バックの種類は基本的に「同伴バック」、お店によっては「指名バック」と「ボトルバック」があります。

ヘルプホステスが狙うべきは「同伴バック」です!クラブでは、指名売り上げを立てられないヘルプホステスの働きぶりを同伴で判断しているお店がほとんどです。

同伴バックがもらえるお店もあれば、同伴した数が多いと「同伴賞」として表彰してくれるお店もあります。場合によっては、日当が上がる可能性もあります。

「キャバクラ」と「クラブ」の違いのまとめ!

キャバクラとクラブでは、お店事態のシステムやお給料システムなどが全く違います。最後にわかりやすく、キャバクラとクラブの特徴をまとめていきます。

キャバクラの特徴まとめ

  • 年齢が若い女の子が中心
  • マンツーマン接客
  • 時給制、もしくわ売り上げ制
  • 指名本数や、売上がお給料に大きく関わってくる

 

クラブの特徴まとめ

  • 20代半ば〜の女性が中心
  • 複数接客
  • 日当制、もしくは売上制
  • 口座ホステスとヘルプホステスで分かれている

 

ナイトワークが完全未経験の方は、キャバクラとクラブの両方体験入店して実際に見てみるのがおすすめです。

体験入店をすることで、お店の雰囲気や客層もわかります。実際に両方で働いてみることで、キャバクラとクラブのどちらが自分に合っているか明確にするのも良いかもしれません。