運営会社|国内最大級キャバクラ・クラブ紹介サイト Night Life(ナイトライフ)|全国のアルバイト・体入情報をご紹介

有料職業紹介事業許認可済

ブログ

キャバクラの「接客」基本のポイント4選【初心者必見】!

「キャバクラって、どんな接客をしたらいいのか分からない」という声をよくいただきます。キャバクラで初めて働く女の子は特にそうではないかなと思います。

他の接客業とは違い、キャバクラの接客はお客さんに対してマンツーマンで接客するので緊張や不安は付きものです。

そこで今回は、これからキャバクラ体験入店に行こうかどうか考えている女の子のために、「今から紹介するポイントを押さえれば、体験入店は成功する」という、キャバクラ接客の基本ポイント4つをご紹介していきます。

キャバクラの「接客」基本のポイント4選

キャバクラでの「接客」で抑えておくべき基本の4つのポイントがあります。それぞれ詳しく解説していきます。

①お客さんと「距離」をつめる

「接客」とは読んで字の如く、お客さんに接近することが大切です。キャバクラにおいて,この「接近接客」が基本の接客スタイルになります。

少し意識するだけで誰にでも出来る接客術なので,勇気を出して実践してみてください!

また、お客様側からしてもキャバクラは可愛い女の子と近くで話せることが魅力の一つなので、近くに来てくれないとキャバクラへ来た意味を失ってしまいます。

接客の時は体ごとお客さんの方を向いて、「あなたに興味がある」というアピールをする事が大切になります。実際に接客する際に、どの程度「接近」すれば良いかというと、お客様と自分の膝と膝が少し当たるくらいの距離感がベストです!

これだけで、キャバクラに遊びに来たお客様をドキドキさせる事ができます。

ですがここで注意していただきたのが,近づきすぎるとお客様からおさわりをされてしまう可能性が高まります。なので,イスに浅く座ってお客様との体の距離を保ったり、お触りをしてきた手を自ら握って、お客様の元へ帰してあげるなどのセクハラ対処法も身に付ける必要があります。

②「笑顔」は最大の武器     

お客様の席に着く時には、必ず笑顔で接客することを心がけましょう!

慣れないうちはどうしても不安や緊張が顔に現れてしまうかと思います。ですが、キャバ嬢が無愛想な顔をしているとお客様に楽しんでいただくことはできません。

上手くお話が出来なかったとしても、とにかくニコニコ笑顔で接客をしていれば、お客様への印象も良いですし、あなたへの興味を持ってもらいやすくなります!!

まずは「笑顔で楽しむ」ということを意識することが、キャバクラでの接客で大切なポイントです。

③「聞き上手」はポイントアップ

キャバ嬢は「沢山喋って場を盛り上げないといけない」という先入観があるかと思います。ですが、実はキャバクラでの接客において「聞き上手」の女の子がとても人気です!

キャバクラに来るお客様は,少なからず自分が主役になりたいと思っている方が多いです。なので、自分のお話を一方的にしてしまうとお客様も疲れてしまいます。

非日常の空間でお客様を楽しませるというのがキャバクラです。なので、お客様には満足するまで喋っていただき、日頃のストレスを発散してもらいましょう。

癒しを提供し、居心地の良い空間を作るのがキャバクラであり、キャバ嬢の仕事になります。聞き役に回る時は、タイミングを見ながら相槌を打つのがポイントになってきます。

お客様が話をしているときにそっけない返事をするのは、喋りたいという気持ちを損なわせてしまうのでN Gです。

また、「でも」や「だって」など否定的な発言も相手を不快にさせてしまうため、お客様が話しているときは「そうですよね」や「分かります」など肯定的な姿勢で話を聞くようにするのがキャバクラの接客でのポイントになります。

④「リアクション」が大切

接客中にお客様のテンションを上げるには、リアクションを普段よりも少しオーバーにする事が大切です。

なぜかというと、先ほどもお伝えしましたが「そっけない返事」では相手のテンションを下げてしまうため、逆に「わぁ!すごーい!」や「えぇ!びっくり!」といった感じで反応すると、お客様はキャバ嬢が自分の話で盛り上がっていると感じます。

例えお客様の話に興味がなくても、オーバー気味のリアクションと笑顔はキャバ嬢として欠かさないようにしましょう!そうすることで場が盛り上がり、楽しい雰囲気も作りやすくなります。

実際に人気のあるキャバ嬢さん達は、オーバーリアクションで接客をしている傾向にあります。とにかく、常に笑顔を絶やさずにいることがキャバクラでの接客において大切です。

ここまでで接客の時に必要な4つのポイントを押さえることが出来たかと思います。では、逆にキャバクラの接客でやってはいけないNGなことは一体どんなことでしょうか?次で詳しくご紹介していきます。

キャバクラの接客で「NG行為」には要注意

キャバクラで接客をする上で、キャバ嬢がやってはいけないNG行為があります。今からご紹介することを頭に入れておけば、実際に働いた時に接客中のトラブルが起こる可能性は低くなります。

ドリンクを残す

時々、ドリンクを沢山残した状態で席を立つキャバ嬢がいます。これは実はNG行為です。

お客様から頂いたドリンクはお金がかかっているため、極力飲み干して「ごちそうさまでした」と一言お礼を伝えてから席を立つように心掛けましょう。

お店や女の子のプライベートを話す

「女の子が住んでいる場所」や「女の子に彼氏がいる」などの、プライベートのことはもちろんのことですが、キャバクラのお店の愚痴や不満をお客様に話すのはマイナスイメージに繋がるのでやめましょう。

まず、話したところで何も良いことはありません。悪気が無く、うっかり話してしまった事がトラブルの原因に繋がりかねないので、発言には注意が必要になります。

暗い話題・踏み込んだ話はNG

キャバクラは、お客様が日常を忘れて「非日常的な空間」を楽しむことが出来る場所です!そのため、借金や子供の話だったり彼氏と喧嘩した話など、日常を思い出すような話題は避けるようにしましょう。

キャバ嬢の方から話題を振る時には、明るい話を持ち掛ける事を意識しましょう。ここで注意した方がいいことが、野球やサッカーや宗教・政治の話題です。

このような話は強いこだわりを持ったお客様も多いので、自分の意見を言ってしまうとトラブルの原因になる恐れがあります。ここで仮に話を振られた場合は「えー、私には難しくて分かりません!」などと上手くかわして、聞き役に回ることがトラブル回避のポイントです。

キャバクラでの「接客」のまとめ

キャバクラの接客での4つのポイントを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?キャバクラの接客と言うのは、お客様だけでなく自分自身も「楽しむ」という事が大切です!

キャバクラの体験入店ではテクニックを駆使するよりも、いかに楽しんで笑顔で接客ができるかを意識する事が重要になります!

4つのポイントを押さえて、NG行為にも注意して、自分が楽しみながらニコニコ笑顔で接客していれば、自然とお客様とも距離が近くなり楽しんでくれるかと思います。