運営会社|国内最大級キャバクラ・クラブ紹介サイト Night Life(ナイトライフ)|全国のアルバイト・体入情報をご紹介

有料職業紹介事業許認可済

ブログ

キャバクラ未経験者が体験入店の面接に落ちる原因を徹底的に解説!!

未経験者の女の子からすると、キャバクラの仕事は高収入でお金に困った最終手段みたいなイメージじゃないでしょうか?

別にキャバクラに偏見がある訳ではないけれど、自ら進んで働きたいとは思わない。でも、お金に困ったらキャバクラで働いて稼げば良いかなと思っていて、いざお金に困り今すぐにでもキャバクラで働きたいとなった時に直面する壁が「お店の面接に受からない」ということです。

容姿が命の水商売で何度も面接を落とされると、はっきり理由を伝えられなくても精神的にも傷ついてしまうかと思います。

ですが残念ながらキャバクラは、常に女の子が足りず、どんな女の子でも簡単に採用されて楽に稼げてしまうということはありません。面接を受けるお店選びと、働く上での気持ちだけ間違えなければ、未経験でも採用されますし、大きく稼ぐことも十分可能です。

未経験の方が抑えておくべきお店選びのポイントについてはこちらの記事で書いていますので参考にしていただければと思います。→URL

キャバクラ未経験者が体験入店の面接に落ちる原因を徹底的に解説!

多くの未経験者が何も知らずに犯してしまっているミスがこちらの2つ。

  • 高級店や、有名店にばかり応募している
  • 面接官にやる気が伝わっていない

逆に言うと、こちらの2つのポイントをしっかり押さえることができれば、キャバクラの面接は未経験者であろうとしっかり受かります。この2つのポイントについて詳しく説明していきます。

高級店や、有名店にばかり応募している

ほとんどの未経験の女の子は、お店を探すときに求人サイトを利用すると思います。ですが、求人情報の何を見て応募するかどうか決めていますか?

  • 体験入店の時給
  • 保証時給
  • 保証期間
  • 歩合給のバック率
  • 給与制度
  • ノルマや、罰金の有無

お店を決める際に重視しなければならない点は他にも多くありますが、未経験の女の子からするとあまり聞き慣れない言葉が多くてパンクしてしまうかと思います。

そうなると、自分の通いやすいエリアでなるべく時給が高いお店に応募する女の子が多いです。ですがこれが大きな間違いなんです。

なぜ大きな間違いかをわかりやすく説明すると、一般企業に大手と個人企業があるようにキャバクラにも高級店・大衆店・激安店などの店舗があります。

高級店は採用されるだけでも難しいので、他のお店に比べて時給や条件は間違いなく良くなりますが、大手企業に入る為に学歴や能力が重視されるように、高級店に入る為にも相応の経験や容姿が求められるのです。

なので、高級店や有名店はハードルが高いので未経験の状態で面接に行ったとしても、落ちてしまう確率が高くなってしまうのです。

面接官にやる気が伝わっていない

キャバクラって気軽に働けて高収入で楽な仕事だと思っていませんか?もしそう思っているならば、今すぐその考えを捨てるか 面接の際だけでも本気度を示すべきです。

キャバクラを楽に稼げるお仕事みたいに感じていることは悪いことではありません。しかし、キャバクラも店舗ごとに様々なコンセプトがあり、女性であれば誰でも採用され、稼げるような仕事ではありません。

高収入で華やかな職業に思われがちですが現実はそうではありません。昼職の方が働いている間にキャバ嬢はお客様の活動時間に合わせて連絡を取り、昼職の方が寝ている間にお店で売上をあげる、いわば「事業主」です。

売上が下がればお店からは必要のない人材だと切り捨てられてしまいますし、売上をあげずに時間分の給与しか持ち帰らないキャストはお店から首を切られてしまいます。

面接の際に、「短期間だけ働きたい」「暇な時に週1日〜2日ぐらいで働きたい」などと言ってしまうと、受かる面接も落ちてしまいます。お店からしたら、なるべく長期的にお店に利益を生んでくれるキャストが欲しいので、そのような結果になってしまいます。

お店側は新人のキャストがお客様を掴むまでの期間に、時給が下がったりしないように保証時給というシステムを適用してくださいます。

しかし、短期間で辞める予定の女の子や週1日〜2日しか出勤しない女の子に能力以上の時給を出すと、お店側からしたらマイナスになってしまいます。なので結果として、面接に落ちてしまったりしてしまうのです。

キャバクラ未経験者でも採用される為の対処法

「何を気をつければ良いか分からない、、、」そんな方は次に紹介する2点を守ればOKです!

  • キャバクラの平均時給を把握する
  • 面接中はネガティブな発言をしない

 

それぞれ詳しく説明させていただきます。

 

キャバクラの平均時給を把握しよう

キャバクラと言っても時給はピンからキリまであり様々です。一番低い時給でも2,000円で在籍している方もいれば、時給10,000円以上で在籍している方もいます。

未経験者で容姿が普通だったとしたらどれぐらいの時給を目安にすればいいかと言うと、大体時給3,000円〜4,000を目安にお店の選定し、容姿に自信があるのであれば時給4,500円〜5,000円ぐらいが目安になります。

エリアにもよりますが、あまりも高い時給が記載されている店舗は高級店の中でもトップクラスのお店ということになります。

面接中はネガティブな発言をしない

先程も少し触れましたが、面接を通してお店の方に、

  • この女の子は短期間しか在籍しない
  • 週に出勤できる回数が少ない
  • 楽して稼ごうと思っている

と思わせてはNGです。逆に全ての質問に対して、未経験だけどやる気はあるという気持ちが伝われば不採用になることは基本的にありません。

キャバクラのお店の合否が決まるのはもちろん、時給が決まるのも面接時になります。なので面接だけは自分のキャラを作り込み、面接官を落とすつもりで面接に挑みましょう。

面接中に使える魔法の言葉があり、それが「もしかしたら〜」です!!

例えば、週何回出ることができるかと聞かれた場合「週4回は出たいと思っています。ですが、“もしかしたら“週5回でも入れるかもしれません。」などと答えるとベストです!!

本当は週4回しか出れないけれど、お店の人には週5回出られそうなイメージを植え付けることができるので、採用率&時給アップに繋がります。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただいてありがとございます。この記事ではキャバクラで何故面接に落ちてしまうのか、その対処法を詳しく解説していきました。

お店によって採用基準は全然違うので、自分の譲れない絶対的な条件を決めておくと、お店選びもスムーズに決まるかと思います。面接時に使える便利な魔法の言葉もバンバン使ってくださいね!!

こちらの記事をしっかり読んでも「なんで面接に落ちるのかわからない」という方は、私たちが全力でサポートさせていただきますので何でもお気軽にご相談下さい。